• お知らせ

    プレスリリースや各種助成金、支援情報をご紹介します。また、連携する団体が主催するセミナーやイベントの開催報告も、随時掲載します。

    ◆ビジネスデザインセンター夏季休業のお知らせ

    (2018.8.10)
    【ビジネスデザインセンター夏季休業のお知らせ】
    ビジネスデザインセンターは8月13日(月)~8月16日(木)まで夏季休業とさせていただきます。
    大変ご迷惑をお掛けいたしますが、休業期間中に頂戴したお問い合わせ・ご相談等は8月17日(金)より順次対応させていただきます。あらかじめご了承頂けますようお願い申し上げます。

    ◆ビジネス支援事例集「相談ファイル2017」発行のお知らせ

    (2018.5.2)

    ビジネスデザインセンターでは、平成29年度に仙台市と協働で、東北の企業へ「マーケティング」と「デザイン」を活用した、ブランド力の向上・競争力の強化などのビジネス支援や、コンサルティング体験型インターンシップ・プログラムを実施いたしました。

    この度、実施したビジネス支援のなかから、戦略構築や環境分析の事例をまとめた事例集「相談ファイル2017」を発行しました。

    事例集は無料で配布しているほか、下記リンクからダウンロードも可能です。

    配布をご希望の場合はお問い合わせフォームからご連絡ください。

    【相談ファイル2017】PDF(2.3MB)

  • ビジネスデザインセンターとは?

    ビジネスデザインセンターは、ブランディングを切り口に

    ビジネスの課題解決をサポートしています。

    また、ビジネスの様々な課題解決のために無料のビジネス

    相談窓口を設けております。
    お気軽にご相談下さい。

    「商品はいいと思うんだけど、なんで売れないんだろう?」
    「自社のサービスや商品を上手にPRするにはどんな方法があるのだろう?」
    「商品のターゲットを見直したい。どうすればいいのだろう?」
    「競合の商品と差別化したいなぁ。」
    「会社や商品のイメージを一新したいなぁ。」

    ビジネスの悩みについて相談を受け付け、課題解決までのお手伝いをさせていただきます。 相談内容によっては、より適した他の支援機関をご案内させていただくことや、専門家のご紹介、 プロジェクトチームを組んで支援をさせていただくこともございます。

  • 無料相談窓口

    起業や創業、ビジネスの課題解決に関する相談をお受けいたします。専門スタッフが相談内容を伺った上で、アドバイスや問題解決のお手伝いをいたします。相談の内容によっては専門家の紹介や、支援チームによる集中的な支援を行う場合があります。また、他の適切な支援機関をご紹介します。

     

    □対象

    中小企業の事業者、個人事業主、これから起業したいと考えている個人・団体など。

     

    □お問い合わせ先

    お問い合わせフォーム、またはお電話にてご連絡ください。

    お電話によるお問い合せは平日午前10時〜午後5時までとなります。

     

    TEL 022-354-0577

     

    □担当 : 武藤

  • インターンシップ募集(終了しました)


    仙台市と共同実施のコンサルティングから学ぶインターンシップ・プログラムを実施いたします!

     

    ◆1DAYインターンシップのご案内(終了しました)

     

    ビジネスの場において必須のスキルであるマーケティングの基礎や、ビジネスデザインセンターのコンサルタントが実施した企業支援の実例をもとにした東北の中小企業の現状や課題、課題解決の手法を学びます。
    就職活動や就職後に役立つ、1日完結型の短期インターンシップ・プログラムです。

     

    <実施日時>
    12月17日(日) 10:00~16:00
    12月23日(土) 10:00~16:00
    12月25日(月) 10:00~16:00
    ※講座の内容は全て同一です。

     

    【リーフレットのPDF】

     

    【申し込み方法】※終了しました

     

    ※このインターンシップは、「平成29年度地域企業ブランディング支援事業」により、仙台市とビジネスデザインセンターが協同で実施しています。

     

     

    ◆長期インターンシップ 全12回 (終了しました)

     

    現役コンサルタントの指導を受けながら、仙台市内にある中小企業の課題解決などのコンサルティング体験を行います。

    経営分析や商品開発など、コンサルティング業務を通して実践的なビジネス感覚を磨くことができます。就職活動や就職後にも“使える”インターンシップ・プログラムです。

     

    【リーフレットのPDF】

     

    【活動の様子】

     

    【申し込み方法】※終了しました

     

     

    ※このインターンシップは、「平成29年度地域企業ブランディング支援事業」により、仙台市とビジネスデザインセンターが協同で実施しています。

     

     

  • 長期インターンシップ活動の様子

    大学生6名が、約1ヶ月間にわたりコンサルタントの指導を受けながら仙台市内の企業の課題解決などの業務を体験。

    課題の分析やその解決策の立案などのコンサルティング業務を通じて、コミュニケーション能力や課題発見力などの実戦的なビジネススキルを磨く全12回のインターンシップの様子をご紹介いたします。

    長期インターンシップ紹介動画(3分36秒)

    基礎講座から成果発表まで、全12回のインターンシップの流れや、参加大学生及び企業様の感想を紹介しております。

  • DAY-1からDAY-12のご紹介

    ◇Day-1

    オリエンテーション ・ビジネスマナー・マーケティング基礎講座

    初日はオリエンテーションから始まりました。事前課題の自己分析シートを基に、今回インターンシップを通して得たい学びや目標をお互いに共有し、グループ内の相互理解を深めました。その後は、ビジネスマナーや企業の分析を行う上で必要なマーケティングの基礎講座をワークショップ形式で学びました。

    ◇Day-2

    担当企業の業界分析・ヒアリングの準備

    各グループが担当する企業の業界分析を行いました。水産加工品業界(エムコーポレーション様)、カフェ業界(珈琲まめ坊様)の業界特性やビジネスモデルを分析し、企業様の現状分析を行うためのヒアリング要素をまとめました。

    ◇Day-3

    企業ヒアリングの実施

    株式会社エムコーポレーション 取締役専務の板橋様、珈琲まめ坊 代表の青木様へ、インターン生がヒアリングを実施しました。市場・顧客・競合の状況、企業のビジネスモデルをヒアリングし、企業が置かれている市場環境と企業内部の現状を整理しました。

    ◇Day-4

    企業分析

    DAY3のヒアリングを基に、企業の現状分析をBDCのコンサルタントと一緒に行いました。
    この現状分析をどこまで深堀できるかが、企業課題の抽出に影響します。インターン生は現状分析から仮説を立て、課題を設定するまでの一連のプロセスを体験しました。

    ◇Day-5

    調査・事業プラン作成

    DAY4で仮説を立てた企業課題と施策の方向性について検証するため、調査を行いました。エムコーポレーションは杜の市場内にある店舗へ、また、珈琲まめ坊のチームは、店舗の中で、時間別の顧客数および顧客層、販売商品数のチェックや注文商品などの動向を調査。この調査を基に、企業課題を解決するための施策の検証を行い、さらに詳細な設計をしていきます。

    ◇Day-6

    第1回目 企業プレゼンテーション

    DAY5まで学んだことを活用しながら、各企業様へ、企業課題とその解決策をご提案させていただきました。企業様からは、「企業戦略の方向性の違う」、「導入の実現が難しい」などの厳しいお言葉をいただき、ゼロから立案し直しとなりました。インターン生は、自分達が思う画期的な施策を提案するのではなく、企業側の視点(企業のコンセプトを外さない・投資対効果など)で施策を考えることの大切さを学びました。

    ◇Day-7

    企業プレゼンテーションの振り返り

    インターン生からは、「現状分析が足りなかったため、提案がずれてしまった。」「自分達の視点での提案になってしまい、企業の視点(実現可能性や投資対効果)が足りなかった。」という感想が多くありました。第1回目のプレゼンでの失敗を生かし、最終プレゼンに向けて、ターゲット・ポジショニング・施策の立案(4P)の練り直しをしました。

    ◇Day-8

    再調査

    再考した施策について調査を行いました。第1回目のプレゼンで指摘された「企業の視点」を考えながら施策案を検証し裏付けを取ります。インターン生は、仮説検証というプロセスを通して、提案内容に説得力を持たせることの重要性を学びました。

    ◇Day-9,10

    第2回目 企業プレゼンテーション

    株式会社エムコーポレーションの板橋様、珈琲まめ坊の青木様にお越しいただき、2回目のプレゼンテーションを行いました。前回フィードバックをいただいた内容を踏まえての渾身のプレゼンテーションでしたが、ご提案内容の実施にはなりませんでした。しかしながらここまでチャレンジしたインターン生へ、経営者様から温かいエールのお言葉を掛けていただきました。

    ◇Day-11

    成果発表会準備

    DAY12に向けて、成果発表会の準備日です。インターンを通して得られた学びを整理し、プレゼン資料を作成。「得られた学びは何か」「それを次にどのように生かすか」を各個人で整理をし、目標の達成度合いも含めて振り返りを行いました。

    ◇Day-12

    成果発表会

    せんだいメディアテークを会場に、仙台市経済局様、大学関係者様、企業様、来賓者をお招きし、成果発表会を実施しました。学生は「事業プラン」と「得られた学び」の発表を行い、来賓の方々からは、新たな気付きとなる視点や今後の糧となるご講評をいただきました。全12回という長期でハードなインターンシップでしたが、一人も脱落することなく全過程を終えることができました。ご協力いただきました、株式会社エムコーポレーションの板橋様、珈琲まめ坊の青木様、その他の関係者の皆さま、誠にありがとうございました。

  • スタッフ紹介

    武藤 亮(むとう りょう)

    ビジネスデザインセンター センター長

    ブランディングディレクター

    1978年生まれ。マーケティングリサーチ会社に勤務後、2011年に仙台印刷工業団地協同組合が運営するインキュベーションセンターFLightのマネージャー。2012年から現職にて、事業者向けのビジネス相談や、ハンズオン支援・コンサルティングを担当。マーケティングとデザインを軸に、企業や商品のブランド向上をサポートしている。

    佐々木 綾子(ささき あやこ)

    ビジネスデザインセンター マーケティングディレクター

    宮城県仙台市出身。化粧品メーカーにて新規店舗開発、販売促進プランニング、人材育成などを手掛ける。2015年から現職。企業の強みを生かしたマーケティングディレクションや、販促プランニングで事業者のサポートを行う。

    内村 博子(うちむら ひろこ)

    ビジネスデザインセンター アシスタントディレクター

    大手メーカーにて生産技術、DTP部門等を経て、事業企画部門で生産管理や原価分析、新商品開発のプロジェクトを担当。ビジネスデザインセンターでは、ハンズオン支援プロジェクトの進捗管理の他、グラフィックデザインなどを担当。

    笠間 建(かさま たける)

    ビジネスデザインセンター FLightシニアマネージャー

    宮城県仙台市生まれ。株式会社コミューナ所属。経営管理修士(MBA)。産学官連携を中心に、様々な事業の企画・計画・運営などのプロジェクト・エンジニアリングを担当。経営全般の相談をはじめ、特に理詰めのマーケティング戦略策定を得意とし、複数のビジネス支援機関において、東北を中心に地域産品のマーケティング・ディレクションを行っている。

  • ビジネスデザインセンター

    住  所 仙台市若林区六丁の目西町1-43 仙台印刷工業団地協同組合内

    受付時間 平日午前10時〜午後5時まで

    TEL 022-354-0577/FAX 022-288-5173

    URL http://www.bdc-sendai.jp

    E-mail info@bdc-sendai.jp

  • お問い合わせ

    ご相談のほか、不明な点や質問がありましたら、お気軽にご連絡ください。